エレボスの淵<25> TOP



※※※伏竄



 管制塔でちょっとした『仕事』を終えたあと、トイは倉庫のドアを開けた。
 研究棟所長ほか十数名の男女が一斉にこちらを向く。
「遅いじゃないか。何をやっていたんだね」
 上等のスーツを着込んだ中年の男が怒鳴るように言えば、
「おい、本当に大丈夫なんだろうな? 多額の金を払ってるんだ。奴らの手が届かない場所まできっちり送ってもらわないと困るぞ」
 別の男が畳みかけるように言った。
 トイが作業帽の下で人懐こい笑みを浮かべ、脱出の成功を請け負ってみせると、多少不安に駆られていた『客』たちのほとんどは安堵したらしい。
「……では、皆様。こちらへ」
 そしてトイは人々を脱出用の船へと案内していった。



 一方、ゲートから作業車に乗せられたエリスには、この小部屋に入るまで外がどうなっているのか全く見えなかった。――というより、彼女がトイの言葉に気を取られていただけなのだろう。
 トイは、エリスの質問に一つ一つ答えてくれたから……。
 オリヴィエが言ったように、兄を研究棟から連れ去ったのはトイだった。だが、あの日、兄を研究棟へ拉致したのは軍の一部だということ。
 そして、ダリューンを研究棟へ放り込むよう仕組んだのはトイであること――それは彼の計画の一部だったのだという。その計画がなんであるのかは、教えてはくれなかったが……。
「これは俺の仕事なんだ」
 トイはただそう言った。
 これまで得た情報から考えても、トイが巨大な闇組織に関わっている危険な人物であることは察しがついている。
 どんな仕事なのか――それを尋ねることは、エリスにはどうしてもできなかったけれど。
「……ダリューンを選んだのは、政府病院がやってることを暴露させるため……?」
 エリスがそう尋ねると、トイは「まあね」と答えた。
「お嬢も知ってるだろうが、このサタナでましな議員ってのが、あの坊やの親父さんだったからな。……俺の見立てじゃ、もっと早くに誘拐を公表するもんだと思ってたんだが」
 ずいぶん勝手な言いぐさだが、腹を立てても仕方ない。それに、自分も少なからずそう思っていたから……。
 しかしだ。
「……なんでもかんでもおじさんの思うようにはいかないわ」
 エリスの控えめな『抗議』も、この男には毛ほども痛痒を感じないのだろう。まったくだな、と言って軽く笑っただけだった。

 そして、トイはある宇宙船に車ごと乗りこみ、エリスをこの部屋に押し込むと、
「お嬢、念のためそこの宇宙服を着るんだ。……後で必ず来るから、それまで静かにしてな」
 そう言って出て行ったのだった。
 窓も何もない、椅子が一つあるだけの小部屋だ。
 エリスは椅子の上に畳んで置かれていた宇宙服を服の上から着込む。まさかこのままで宇宙空間に放り出されたりはしないだろうが……念のため、とトイが付け加えたなら、その可能性はゼロではないのかもしれない。
(それはちょっと嫌だなぁ……)
 エリスは溜息をついた。
 することもないので仕方なく座っているしかない。
(……兄さん、ちゃんと保護されたかしら……)
 エリスは溜息をつくと、兄の顔を思い出した。
 攫われてから日数がたっているのに、彼の顔は最近つけられたばかりのような痣があった。ずっと痛めつけられていたのだろうか……治療してきれいに消えてくれるといいのだけど。
 兄自身は、たぶん痣が残ろうが頓着はしないだろう。彼は自分の美貌を嫌っているようだったから。

【お嬢の兄さんを攫ったのは俺じゃない。サタナ軍の一部の連中だ】

 トイの言葉に嘘はない。
 それはわかる。昔からそうだったから。
 彼もエリスに嘘は通用しないことを知っているから、言葉を濁すことなく言えないことは「それは言えない」と言うのだ。
 同時に、誰もトイの『仕事』を止めることはできないのだということも、わかってしまった――。



 ダグラスがエリスを追って宇宙港に向かい、ダリューンがアレキサンダー・リバーを見つけて状況を説明すると、彼は心得たように頷いた。
「宇宙港は既に戒厳令を敷き、封鎖するよう上申しています。……が、時間の問題かもしれませんね……」
 どうやら自分たちから状況説明を受けていた最中に次々と手を打っていたらしい。だが、最後の呟きには多少の苛立ちが含まれているように感じられた。
(役所みたいに上からの決済がおりないと動けないってコトかな……軍人もたいへんだなぁ……)
 などと、ダリューンはこっそり呑気な感想を抱いたのだった。


 サタナ脱出を図る者の中にいた軍幹部の一人が、操縦室に向かうトイを呼び止めた。
「おい。宇宙港が閉鎖される前に出られるんだろうな?」
「大丈夫ですよ、閣下。もし閉鎖されても問題ありません。囮を用意しておきましたのでね。軍の目がそちらに逸れた隙に宇宙港から出られます」
 軍幹部は、にこりと笑った『保険業者』の男に怪訝そうに尋ねた。
「……この軍船の並ぶ一角にこの船を紛れ込ませたのは撹乱のためか。だが、下手をすれば袋の鼠だろう」
「この船は、多少の空間があれば、ワープできます。ストッパーも効きませんからね」
 ストッパーとは各惑星の宇宙港に設けられているワープ阻害措置のことである。惑星上空の一定区域からは宇宙船の侵入を禁止され、違反したものは軌道衛星から撃墜されるが、宇宙港ではワープそのものができないようにされている。
 それが、効かないという。
「なんだと? それはどういう……」
 彼の知識では、ワープ航行にはそれなりのエネルギー補填と同時に<空間>が必要なはずだった。何よりワープ阻害措置が効かないとはどういうことなのか。そんな技術が開発されていたのなら、軍が真っ先に抑えるはずだ――
 トイは片手を軽く上げ、相手の言葉を押しとどめる。
「閣下。申し訳ありません。そこは企業秘密ってことで、どうかご勘弁を」
 軍幹部はぐっと黙り込むと、指定された部屋へ戻っていった。


 そのころ、サタナ宇宙港の管制塔ではちょっとしたハプニングが起きていた。
 管理系統の一部が誤作動を起こし、ある貨物船の離陸命令が発信されてしまったのだ。
 待機中だった古い貨物船は「受信完了」の合図とともにゆっくりと上昇を開始する。
「待て! あの貨物船を止めろ!」
「軍から宇宙港閉鎖の命令が出てるぞ!」
 管制塔に詰めていた数人の技士たちは慌ててコンソールに打ち込むが既に遅い。
「だめだ! 指令系統がイカれてる!!」
 軍に説明するため非常用通信機を握る者、コンソールにコマンドを打ち込む者、宇宙港警備隊へ貨物船の停止を指示する者……彼らは素晴らしい連携プレーを見せた。
 警備隊の小型船が上昇を開始する貨物船に停止命令の合図を送るが、貨物船は気づかないのか故意に無視しているのか、一向に戻る様子はない。
<停止しろ! このまま上昇すれば、発砲する!>
 警備隊は貨物船の操縦士に通信を送った。だが、貨物船からは返答はなく警備隊はやむを得ずと、銃口を向けた。
 そのころ、ゲートの壁際に横たわるランディ・ソールンを見つけ、医療班に託したアレキサンダー・リバーとダグラスは、トイとエリスを追ってゲート内に入った。そして、疾走する軍用車からその光景を目にしたのだ。
「撃つな! 一般人が人質に取られているんだ!」
 通信機にリバーが叫ぶ。だが、わずかな差で、警備隊の小型船から砲弾が放たれたのが早かった。
 軍用車が急ブレーキをかける。
「……エリス!!」
 ダグラスが軍用車から転がり出た。
「危ない!」
 軍人の一人が慌ててダグラスを引き戻す。
 貨物船は小規模な爆発を繰り返しながら、それでも上昇を試みているらしい。
 リバーは警備隊小型船の操縦室に銃撃を停止するよう再度通信すると、助手席に座っていた部下に声をかける。
「ゴードン一等兵、管制塔との連絡は?!」
「ダメです。繋がりません!」
 リバーは一人を管制塔へ向かわせ、警備隊へ消火活動に回るよう指示すると、通信を軍司令部へと切り替えた。
 貨物船の爆発は消火弾を撃ち込まれても追いつかないほどに爆発を繰り返し、船体が大きく傾き始めている。
 その騒ぎの中、一隻の小型船が停泊していた軍船の中から上昇していった。
 管制塔へ駆け込んだ軍兵が、窓から飛び立っていくその小型船を発見する。
「あれは……?!」
 彼は一瞬、どこかの部隊の船かと思ったのだが、仕様が違うことに気づき、
「……っ! まさか、貨物船は囮か?!」
 持っていた軍用通信機で上官であるリバーに連絡を入れた。
「囮?!」
 部下からの通信を受け、リバーは軍用車から飛び出すと、はるか上空へ駆け上っていく小型船を見つけた。
「くそっ! やられた!!」
 悔し気に歯ぎしりしたリバーの視線の先で、小型宇宙船は彼方に消えていった。
 彼は再び軍司令部に連絡を入れた。
 政府病院の研究棟で行われていたおぞましい実験が公にされた今、研究棟所長、副所長(すでに死亡が確認されているが)などは指名手配されている。そして、サタナ軍化学兵器部門の責任者である軍幹部数名とその家族が行方不明となっていた。
 おそらくは、あの小型船に乗り込んでいるものと思われる。
 そしてトイに人質交換を要求されたエリス・ソールンも……だが、それならばまだ手は打てる。
「ダグラス君。我々はまんまとはめられてしまったようだ」
「え……?」
 半ば放心状態だった青年に、リバーは言った。
「あの貨物船はどうやら囮だったようだ。犯人には逃げられたが、ミス・ソールンは、きっと生きているよ」
 青年の目に理知的な光が戻ってくるのを見届け、リバーはほんの少し口角をあげると、頷いてみせた。



 無論、この騒ぎはブライトナー総帥の耳にも入った。
 シヴァーンはしばらく何事か考えていたようだが、傍らにいた執事に言う。
「オリヴィエ……何だか、無駄が多いと思わないか? そもそもあれだけのことをやってのけられるなら、人質など必要ないだろう……」
 主の言葉にオリヴィエは至極尤もと頷いた。
「わたくしもそう思います。……が、おそらく、あの男の目的は別のところにあるのでしょう。それが何かは、わかりかねますが」
「ふむ……」
 オリヴィエは何を思い出したのか、くすりと笑った。
「あの男は、今回、研究棟へ侵入すると決めたソールン様に言ったそうです。『事を起こすなら、生きて帰る準備をしてから臨め』と……」
「ほう……。今回はどうだ? 満身創痍で動けぬ兄を人質に取られて生きて帰る算段もなにも……ああ。彼女は動けるか」
 シヴァーンの呟きに、オリヴィエはゆっくりと頭を下げる。
「ならば、ますますあの男の目的は謎だな。誰に何を要求しようというのか……」
「はい」
 主の呟きに、オリヴィエは再度、頷いた。



エレボスの淵<25> TOP